京都パープルサンガ後援会

活動報告

サンガスタジアム by KYOCERAに蹴鞠像を寄贈、その贈呈式と除幕式

8月23日(日) サンガのホームゲーム 第14節vs松本山雅戦の試合前、午後5時30分より、サンガ後援会がスタジアムの完成を記念した寄贈品、「蹴鞠像」と「フラッグポール」の贈呈式・除幕式を行いました

2f5a0011_640

2f5a0049_640
ご来賓の方々にもお集まりいただきました

2f5a0077_640
まずは京都パープルサンガ後援会の堀場厚会長より、ご挨拶を申し上げました

2f5a0123_640

その後、当会堀場会長より西脇隆俊京都府知事に対し蹴鞠像、フラッグポール、姿見(鏡)の目録を贈呈

2f5a0187_640
西脇知事より堀場会長に対して感謝状が贈呈されました

2f5a0226_640
続いて堀場会長より、この蹴鞠像を制作していただいた長岡和慶様に対して感謝状を贈呈させていただきました

2f5a0248_640
来賓のご挨拶 京都府知事 西脇隆俊様

2f5a0282_640
亀岡市長 桂川孝裕様

2f5a0316_640
株式会社京都パープルサンガ 代表取締役社長 伊藤雅章様

2f5a0366_640
そしていよいよ除幕です

2f5a0390_640
司会者の「どうぞ」の声に合わせて除幕され

2f5a0393_640
皆様にお披露目されました

2f5a0433_640
最後に蹴鞠像の前で堀場会長を中心に来賓の皆様と記念撮影

2f5a0408_640
FIFAが「サッカーの最も古い形態」と認める「蹴鞠」の石像

2f5a0455_640
サンガスタジアムの新たなインスタ映えスポットとして、そしてパワースポットとして、ファン、サポーターの皆様、末永くよろしくお願いいたします

広報誌 カミーザドーゼ・サンガ 2020 No.61

毎年年に2回程度発行している京都パープルサンガ後援会の機関紙「カミーザドーゼ・サンガ」ですが、今シーズンは新型コロナ感染症の感染拡大という状況下、今回は紙面での発行を自粛し、WEBのみの配信とさせていただきます。

紙面での発行が可能な時期が参りましたら、またスタジアムで皆さんにお配りしようと思いますので、その時を楽しみにしていてください。

Photo_3

611_640

6123_640

614_640

下の文字をクリックすると、PDF版を開くことが出来ます

vol.61 1面をダウンロード

vol.61 2-3面をダウンロード

vol.61 4面をダウンロード

2f5a0785_640

監督 實好 礼忠

1972年10月19日生まれ(47歳)
愛媛県南宇和郡出身

【選手歴】

1988-1990年 南宇和高校
1991-1994年 立命館大学
1995-2007年 ガンバ大阪

【代表歴】

1993年 夏季ユニバーシアード日本代表 

【指導歴】

2008年 ガンバ大阪ユース コーチ
2009年-2012年3月 ガンバ大阪 コーチ
2012年4月-2013年 ガンバ大阪 ヘッドコーチ
2014-2015年 名古屋グランパス コーチ
2016年 ガンバ大阪 U-23監督
2017-2018年7月 ガンバ大阪ユース 監督
2018年7月-12月 ガンバ大阪U-23 監督
2019年 京都サンガF.C. コーチ

 「満員のファン、サポーターが入った新しいスタジアムのあの雰囲気、あれは素晴らしかったよね。普段試合ではテンションが上がるってことはほとんどないけど、あの日はいきなり上がりっぱなしで、試合が始まるまで、冷静に、落ち着くことばかり考えていました。」2020年京都サンガF.C.の監督に就任した實好礼忠は、プレシーズンマッチが行われたサンガスタジアムby KYOCERAの印象をこう語った。「選手とともにバスでスタジアムについた時、手前の橋の上からスタジアムの周りにいるファン、サポーターの数を見て『これはヤバいぞ』と。だから試合前、緊張するからわざとピッチを見に行かなかったんですよ。」
 そんな満員のサンガスタジアムで行われたセレッソ大阪とのプレシーズンマッチは、西京極とは違ったファン、サポーターの熱気に包まれた中で、キックオフの時を迎えることになる。 

 昨シーズンは中田一三監督のもと、コーチとしてチームを支えた。「このメンバーで結果として8位というのはあり得ない、というのが本心。もっとできるし、もっとできたはず。」そんな思いからシーズン終了後監督就任のオファーに、食い気味に「やります、やらせてください」と応じた。
 学生時代から指導者を目指していたという實好監督。「(学生だった)当時、まだJリーグもなくて、サッカーのプロ選手という選択肢は無かった。それもあって将来は指導者という思いはずっとありました。大学3回生の時にJリーグができて、ガンバ大阪に入団した後もその気持ちは変わらず、今実際に指導者としてサッカーに関われています。」
現役の選手時代から指導者目線でサッカーを見てきたからこそ見えてくるもの、その力を発揮する機会がまさに「今」なのだ。

2f5a0763_640 

 プレシーズンマッチ、結果は2-3と敗れたが、實好監督は内容としては十分に満足しているという。「ゴールへ向かう気持ちは十分に表現出来ていたし、やるべきことは出来ていた。ただ、3点取られて負けているから、そこの部分は満足と言っちゃいけない。実はこの試合の前に練習試合でJ1クラブと対戦して1-6で負けています。この時は得点を取られたらそのままズルズルとやられ続けましたが、セレッソ戦の時は違った。先に1点は取られましたけど、庄司悦大がすぐに取り返したり、試合終了間際まであきらめずゴールを目指した結果、ピーター・ウタカのゴールが決まったり。これはファン、サポーターの声援のおかげ。練習試合の時とはケタ違いの数の声援のおかげで、あと一歩走れないところが走れたり、背中を押してくれたりする。応援、声援ってそういうものです。今季我々はJ2優勝を目標にシーズンを戦います。だからファン、サポーターの皆さんにも、スタンドから精一杯の応援で一緒に戦ってほしい。」 

 2月23日、サンガはアウェィでレノファ山口FCと開幕戦を戦い0-1で惜敗する。そして待望の新スタジアムでホーム開幕戦、というこのタイミングで、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、リーグ戦が延期。結果、リーグ戦は約4か月中断することになる。
「選手もスタッフも、ファン、サポーターの方々も本当に楽しみにしていたと思うので、残念な気持ちで一杯でしたね。」
ホーム開幕戦が延期になった気持ちを實好監督はこう語る。
「ただ中断になっていた4か月間、選手たちは医療従事者の方々に向けてのメッセージやクラブでの企画や動画など、様々な形で貢献をしてくれ、自粛期間をしっかりと過ごせたと思います。」 

 そして6月28日、ようやくサッカーのある週末が帰ってきた。サンガスタジアムのこけら落としでもあったプレシーズンマッチから約140日、ジュビロ磐田を迎えて、ようやくサンガが新スタジアムでの開幕戦を迎えることになるが、實好監督をはじめ、みんなが望んだ「満員の新スタジアム」ではなくリモートマッチ。応援や声援はおろか、スタンドにはファン、サポーターの姿さえなかった。そんな中、サンガは試合の主導権を終始手放さず、2-0で新スタジアムでの初勝利を飾る。「プレシーズンマッチの大声援が焼き付いていたので、無観客でも声援がないという感じはしなかったですね。勝った瞬間には声援が聞こえた気がしたぐらい(笑)。」 

 第4節のアビスパ福岡戦は待望の観客を入れての試合。ただし観客の人数に制限があり、観客にも応援歌や声援は禁止という、今までとは全く違う雰囲気の中での試合。監督や選手たちに、やりにくさはなかったのだろうか。「良いプレーに対してファン、サポーターから拍手が起こる、ヨーロッパ的な雰囲気だと感じましたね。新しい感覚でした。」
こんな状況下ではあるが、ファン、サポーターに今できる精一杯の応援が、スタジアムに良い雰囲気を作り出し、選手を後押ししたのは間違いなさそうだ。
 2f5a0768_640

 新スタジアムで行われた第2節のジュビロ磐田戦、第4節のアビスパ福岡戦ともにサンガは安定した守備から主導権を握り、多彩な攻撃パターンへ繋げて勝利を手中にした。この2試合の勝因を聞いてみると「安定した守備からの組み立てですね。その中でも一番は積極的にゴールへ向かっていく姿勢ですかね。」
實好監督はプレシーズンマッチ後のコメントと同じ感想を口にした。確かに磐田戦のピーター・ウタカ選手のゴールには「何が何でも」という気持ちが見えたし、福岡戦の野田隆之介選手のゴールは3人の相手ディフェンスに挟まれながらも執念のヘディング。その後PKを得たのも、ゴールへ向かう気持ちからの波状攻撃の中で、荒木大吾選手のシュートが相手のハンドを誘ったのだ。
今年のサンガは、どんな時もゴールへ向かう姿勢を崩さないし、まさにその姿勢が結果にも如実に表れている。

2f5a0752_640

 最後にスタジアムに駆けつけてくれたファン、サポーター、またリモートで応援してくださる皆さんにメッセージをお願いした。
「ファン、サポーターの皆さんの応援が本当に力になっています。試合中の選手の声、戦っているときの迫力ある音を感じて欲しいので、是非たくさんの方にスタジアムに来ていただきたいです。」 

 早く満員のファンサポーターが集い、フラッグが舞い、スタンド中で応援歌を歌い、声援と手拍子で選手を鼓舞する従来のスタジアムに戻ってほしいと思いつつ、今しか見られないこの風景も悪くない。
その時出来る精一杯でチーム、選手を鼓舞、応援し、今季こそ目指すは優勝。
新スタジアムで選手たちにシャーレを掲げてもらおうではありませんか。

京都パープルサンガ後援会

2020年度通常総会を開催

2f5a0034_640
挨拶 堀場厚会長

令和2年2月19日(水)、午後6時30分より、ANAクラウンプラザホテルにおいて、京都パープルサンガ後援会の2020年度通常総会が開催されました。
司会者より出席者の確認(会員総数245名、出席は委任状を含め148名)のうえ、総会が成り立つ報告を受けた後、事業報告、決算報告、役員・理事組織、事業計画、収支予算の各議案は、満場一致ですべて可決されました。

2f5a0510_640_2
ご講演 實好礼忠監督

Img_0175_640_2
聞き手 和田りつ子アナウンサー

続いて第2部講演の部では、フリーアナウンサーの和田りつ子さんが聞き手となり、京都サンガF.C.實好礼忠監督をお迎えし、京都で過ごした大学時代の貴重なエピソードや、Jリーガーとしての体験談を、会場からの質問を交え楽しくお話しいただきました。

2f5a0547_640
ご挨拶 本会名誉会長 門川大作 京都市長

2f5a0574_640
本会相談役 (株)京都パープルサンガ 伊藤雅章 代表取締役社長

2f5a0590_640
乾杯 本会名誉顧問 村山義彰 (社)京都府サッカー協会会長

2f5a0696_640
最後は大奈さんと参加者全員で「ジャヤジャヤサンガ」の大合唱

第3部交流・渾身の部では、本会名誉会長の京都市長 門川大作様、同相談役の(株)京都パープルサンガ代表取締役社長 伊藤雅章様のご挨拶に続き、同名誉顧問の社団法人京都府サッカー協会 村山義彰会長による乾杯で開宴。
締め括りは、大奈さんの「ジャヤジャヤサンガ」、そして平井誠一副会長の閉会の字をもって成功裡のうちに閉会となりました。

2020明治安田生命J2リーグ
京都サンガF.C.試合予定(1~42節)

3勝3分2敗 勝ち点12 得失点3 順位9位
7月30日現在

第 1節  2月23日(日) ●0-1  レノファ山口FC     みらすた
第 2節 ※6月28日(日) 〇2-0   ジュビロ磐田      サンガスタジアム
第 3節 ※7月 4日(土) △1-1  徳島ヴォルティス   鳴門大塚
第 4節  7月11日(土) 〇2-0   アビスパ福岡      サンガスタジアム
第 5節  7月15日(水) △0-0   ギラヴァンツ北九州   ミクスタ
第 6節  7月19日(日) 〇2-0   愛媛FC          サンガスタジアム
第 7節  7月25日(土) ●0-1   V・ファーレン長崎    トラスタ
第 8節  7月29日(水) 1-1△ ファジアーノ岡山    Cスタ
第 9節  8月 2日(日) 18:30 FC町田ゼルビア     サンガスタジアム
第10節  8月 8日(土) 19:00 モンテディオ山形    NDスタ
第11節  8月12日(水) 18:30 水戸ホーリーホック    サンガスタジアム
第12節  8月16日(日) 19:00 ツエーゲン金沢      石川西部
第13節  8月19日(水) 19:00 アルヴィレックス新潟   デンカS
第14節  8月23日(日) 18:30 松本山雅FC         サンガスタジアム
第15節  8月29日(土) 18:00 東京ヴェルディ      味スタ
第16節  9月 2日(水)      大宮アルディージャ       (AWAY)
第17節  9月5日(土)or 6日(日) ジェフユナイテッド千葉   (HOME)
第18節  9月9日(水)       ザスパ草津群馬       (AWAY)
第19節  9月12日(土)or 13日(日) FC琉球             (HOME)
第20節  9月19日(土)or 20日(日) ヴァンフォーレ甲府        (AWAY)
第21節  9月23日(水)       栃木SC           (HOME)
第22節  9月26日(土)or 27日(日) 大宮アルディージャ      (HOME)
第23節  9月30日(水)       ジェフユナイテッド千葉 (AWAY)
第24節 10月3日(土)or 4日(日)   ジュビロ磐田        (AWAY)
第25節 10月10日(土)or 11日(日)  アルヴィレックス新潟      (HOME)
第26節 10月14日(水)        FC町田ゼルビア       (AWAY)
第27節 10月17日(土)or 18日(日)  レノファ山口          (HOME)
第28節 10月21日(水)        ギラヴァンツ北九州     (HOME)
第29節 10月24日(土)or 25日(日)  FC琉球                     (AWAY)
第30節 11月 1日(日)        モンテディオ山形       (HOME)
第31節 11月 4日(水)        ファジアーノ岡山       (HOME)
第32節 11月 8日(日)        栃木SC                    (AWAY)
第33節 11月11日(水)        東京ヴェルディ           (HOME)
第34節 11月14日(土)or 15日(日)  水戸ホーリーホック      (AWAY)
第35節 11月21日(土)or 22日(日)  徳島ヴォルティス         (HOME)
第36節 11月25日(水)        ヴァンフォーレ甲府     (HOME)
第37節 11月28日(土)or 29日(日)  松本山雅FC                 (AWAY)
第38節 12月 2日(水)        V・ファーレン長崎    (HOME)
第39節 12月 5日(土)or 6日(日)   愛媛FC                    (AWAY)
第40節 12月13日(日)        アビスパ福岡             (AWAY)
第41節 12月16日(水)        ツエーゲン金沢          (HOME)
第42節 12月20日(日)        ザスパ草津群馬          (HOME)

16節以降の日時、場所などの詳細は8月初旬、10月初旬に分割して発表される予定

  

京都パープルサンガ後援会 2020年度通常総会

2020年2月19日、Jリーグの2020シーズン開幕を前に京都パープルサンガ後援会では2020年度の通常総会を開催いたしました

2f5a0011_640
京都パープルサンガ後援会 会長、副会長、専務理事

2f5a0017_640
司会は佐藤大臣仁専務理事が務めました

2f5a0014_640
京都府サッカー協会 村山義彰会長をはじめ、名誉顧問、顧問の皆様

2f5a0034_640
まず最初に堀場厚会長からご挨拶させていただきました

2f5a0069_640
規約により堀場会長が議長に就任し、総会の議事が進行されました

2f5a0134_640
2019年度事業報告と2020年度事業計画(案)を上程した松山吉之総務室長

2f5a0090_640
2019年度会計報告と2020年度収支予算(案)を上程した大垣全央総務委員長

2f5a0110_640
会計監査報告を行った野瀬兼治郎監事

2f5a0037_640

2f5a0121_640
皆様のご協力により、各議案とも原案通りご承認いただき、可決決定いたしました

2f5a0175_640
第2部は後援会
ここからの司会は宮本実事務局長

2f5a0530_640
今回の講師は、2020シーズンサンガの指揮を執る實好礼忠新監督

2f5a0484_640

Img_0175_640
フリーアナウンサーの和田りつ子さんが聞き手を務めてくださいました

2f5a0540_640
そして第3部は交流懇親会
司会は第2部に引き続き宮本実事務局長

2f5a0547_640
門川大作京都市長と

2f5a0574_640
株式会社京都パープルサンガ 伊藤雅章社長からご挨拶をいただき

2f5a0590_640
京都府サッカー協会 村山義彰会長から乾杯のご発声で開会しました

2f5a0607_640
締めの挨拶は、当会の平井誠一副会長が務め

2f5a0656_640
最後は大奈さんによる「ジャヤジャヤサンガ」

2f5a0669_640
堀場会長や

2f5a0677_640
伊藤社長、實好監督も登壇して、一同で大合唱

2f5a0704_640
大盛り上がりのうちに閉会いたしました

今シーズンの京都サンガF.C.の健闘を祈念するとともに、2020年度も京都パープルサンガ後援会の活動にご理解とご協力をよろしくお願いいたします



2020新加入選手・新体制発表記者会見

2020年1月8日(水)京都サンガF.C.の2020新加入選手・新体制発表記者会見が行われました。

Dsc_1587

この日は、實好新監督と高校サッカー選手権に出場中の谷内田選手と、1月16日合流予定のピーター ウタカ選手以外の新入団選手11人が参加し、同時に背番号も発表されました

2f5a0020
實好新監督

Img_0015
横浜Fマリノスから移籍のFW20 李 忠成選手

2f5a0059
湘南ベルマーレから移籍のFW18 野田 隆之介選手

2f5a0077
V・ファーレン長崎から移籍のDF23 ヨルディ バイス選手

2f5a0089
浦和レッズより移籍のDF46 森脇 良太選手

2f5a0103
ジュビロ磐田から移籍のMF8 荒木 大吾選手

2f5a0123
清水エスパルスから移籍のDF2 飯田 貴敬選手

2f5a0141
カターレ富山から移籍のGK26 太田 岳志選手

2f5a0156
ヴァンフォーレ甲府から移籍のMF11 曽根田 穣選手

2f5a0171
横浜F・マリノスから移籍のMF14 中川 風希選手

2f5a0194
京都サンガF.C. U-18からトップ昇格を果たしたMF27 山田 楓喜選手

2f5a0203
同じく京都サンガF.C. U-18からトップ昇格を果たしたMF24 川崎 颯太選手

2f5a0401
最後は参加者全員で記念撮影

2f5a0450
新加入選手の紹介の後、伊藤雅章社長、山道守彦強化部長から今季の強化の狙いなどについて説明

2f5a0613
その後、新ユニフォームの発表

2f5a0634
GKユニフォームのモデルとして、清水選手も参加してくれました

2f5a0596
左胸には新たに「HORIBA」の文字が

2f5a0710
ストライプが稲妻のようにジグザグに入り、背番号にもその稲妻が入って、とても格好の良いユニフォームとなりました
今季、新しいスタジアムでこの新しいユニフォーム姿の選手が躍動する姿、想像するだけでワクワクします

2020シーズン、J2リーグは2月23日(日・祝)開幕です

カミーザドーゼ・サンガvol.60 プレゼント抽選結果

9月9日(月)、2019年度第9回のサンガ後援会 理事会が開催されました
その理事会で、カミーザドーゼ・サンガvol.60で募集いたしました加藤選手からのプレゼント

Img_8475
加藤選手愛用のサイン入りキーパーグローブ1名様と

Img_8472

加藤選手のサイン入り写真パネル2名様の抽選を行いました

Img_8471

今回も多数のご応募をいただきました
堀場会長に厳選なる抽選をしていただき、選ばせていただきました
見事当選されましたのは・・・

サイン入りキーパーグローブのご当選者は

三重県伊賀市にお住いの藪中宗一郎さん

写真パネルのご当選者は

京都市西京区にお住いの石原勇さんと
京都市中京区にお住いの面谷ななみさん

でした

おめでとうございます
早速事務局よりプレゼントの方を発送させていただきます

また次回も多数のご応募、お待ちしております

2019年 J2 第31節 ファジアーノ岡山戦 応援バス

9月8日(日)岡山 シティライトスタジアムで行われました2019年 J2第31節 ファジアーノ岡山戦に応援バスを出しました

Img_8451_640
今回の応援バス、解散が月曜日のの12時30分予定ということもあって参加者は添乗した後援会理事を含めて少し少なめの28名
今回もご参加、ありがとうございました

この日は13時25分に京都駅を出発

Img_8453_640
途中、三木SAで休憩を取り

Img_8455_640
その後、恒例のお楽しみ大抽選会を開催

Img_8466_640
今回も皆さんに商品を持って帰っていただきました

Img_0072_640
16時45分に今回の目的地、岡山 シティライトスタジアムに到着

Img_0015_640
順位はJ2中盤とはいえ、プレーオフ圏まで勝ち点差があまりない岡山は、この日もやはりすごいサポーターの数

Img_0111_640
もちろん京都からも多くのサポーターが駆けつけました

Img_0345_640
この日のスタメンは

GK 若原 智哉
DF 田中 マルクス 闘莉王  黒木 恭平  本多 勇喜  安藤 淳  石櫃 洋祐    
MF 庄司 悦大  仙頭 啓矢  小屋松 知哉  福岡 慎平  
FW 一美 和成

この日は良くない流れを変えるためか、GK若原が今季初スタメン
闘莉王も久しぶりのスタメン

9月最初の試合、久々の「勝ち点3」を持って帰ることができるか

2f5a0073_640

今季初スタメンGK若原

2f5a0308_640

久しぶりのスタメンでCB 闘莉王

2f5a0263_640
福岡

2f5a0366_640

黒木

2f5a0405_640

安藤

2f5a0598_640

本多

2f5a0625_640

石櫃

Img_0370_640
前半に2点を取られ苦しい展開
後半巻き返せるか

2f5a1073_640

一美

2f5a1171_640

石櫃

2f5a1273_640

小屋松

2f5a1428_640

63分 一美に代えて中坂を投入

2f5a1868_640
66分 石櫃に代えて藤本を投入

2f5a2073_640
86分 闘莉王に代えて上月を投入

2f5a2365_640
藤本のヘディングは惜しくもネットを揺らせず

2f5a2452_640
庄司

2f5a2326_640_2
このまま2-0で試合が終わるのかと思ったアディショナルタイム

2f5a2384_640
相手ゴール前で奪われたボールをゴール前まで運ばれるカウンター攻撃を受け、まさかの失点

2f5a2488_640
そのまま試合終了の長い笛

3-0の完敗で、今季初の連敗となった

Img_0388_640
試合後、サポーターに挨拶に来た選手たち

Img_0424_640
サポーターたちも大声援でそれに応えた

しかし絶対勝たなければならないこの試合を落としてしまい、順位は6位に
昇格のためにはもう1試合も落とすことはできない
次は9月唯一のホームゲーム
気持ちを切り替えて試合に臨んでもらいたいものだ

岡山戦応援バスツアー

<往路>
13:15 京都駅集合
13:25 京都駅出発
14:45 三木SA到着 20分休憩
        大抽選会開催
15:50 福石PA到着 5分休憩
16:45 岡山 シティライトスタジアム到着

<帰路>
21:30 岡山 シティライトスタジアム出発
22:00 瀬戸SA到着 15分休憩
23:40 宝塚北SA到着 15分休憩
24:30 京都駅到着 解散

第31節 vs ファジアーノ岡山
2019.9.8(日)19:03
於:シティライトスタジアム
入場者数 13,098人
試合結果 0-3●

<交代>
63 一美 和成 → 中坂 勇哉
66 石櫃 洋祐 → 藤本 淳吾
86 田中 マルクス 闘莉王 → 上月 壮一郎

第31節終了時点 14勝10分7敗 勝ち点52 6位

広報誌 カミーザドーゼ・サンガ 2019 No.60

2019年8月10日(土)たけびしスタジアムにて行われました2019J2リーグ第27節 京都サンガF.C.vs栃木SCの試合当日、当後援会の広報誌「カミーザドーゼ・サンガ」を入場ゲートで配布いたしました。

601_r_640
今回から60号を記念して表紙を一新
そして今回の特集はGK 加藤順大選手です

6023_640

2f5a2317_640
GK #1 加藤 順大 

1984年12月11日生まれ(34歳)
埼玉県上尾市出身 

【選手歴】

2000-2002年 浦和レッズユース
2003-2014年 浦和レッズ
2015-2018年 大宮アルディージャ

ロ17年目、大宮アルディージャから今季移籍してきたその男は、開幕戦ピッチではなくベンチにいた。しかしベンチで、アップゾーンで、どの選手よりも大きな声を出し、仲間のプレーに一喜一憂し、仲間のゴールには大声でベンチに呼び込み喜びを分かち合う。ある時は試合後、試合中に退場となった冨田選手のユニフォームを着てサポーター席へ。「こいつが一番悔しい思いをしているから、みんなで応援してやってくれ。」ある時はゴールを決めた仙頭選手を祝福しにサポーター席の前まで。そうかと思えば試合後、西京極で選手の出待ちをするサポーターの前に一番に現れ、端から端までファンサービスをする姿。「試合に出ていようと出ていまいと、自分にはやるべきことがあるし、やれることもある。」熱い気持ちがサポーターにいやというほど伝わる選手。GK加藤順大、その人だ。

2f5a2759_640

宮から戦力外通告を受けたが、自分を必要としてくれる京都サンガF.C.からのオファーを「京都を優勝させるため、そして何より自分のサッカー人生でもう一花咲かせるため」に受けたという。埼玉から出たことがなかった加藤は、京都のクラブに移籍することに「不安はなかった、むしろ新しい環境に身を置けるわくわく感で一杯だった」と語る。

GKというポジションは1つしかない。しかも正GKと呼ばれた選手がシーズン途中で他の選手にそのポジションを譲ることはあまりない過酷なポジション。「同じGKの清水選手はかなり前から安定感のある良いGKだと知っていたし、若原選手も各年代で日本代表に選ばれ、昨年トップ昇格したその年に公式戦デビューも果たしているし、今シーズンもU-20ワールドカップを戦い評価もされている。誰がレギュラーになってもおかしくないメンバー。だからシーズンが始まる前、誰が試合に出ることになってもみんなで支えて、気持ちよく『行ってこい』と送り出せるようにしよう、と話し合った」という。誰が試合に出ても、その選手が試合で全力を出せるよう自分も全力でサポートをする体制を整えてシーズンに臨んだ。「強いチームというのはGKも良い選手が揃っている。京都のGK陣は豪華、そう言われたいですよね。」

藤の思惑通り、20節を終わって4位と、チームは昨年から考えると夢のような順位を手に入れていた。
 ここで加藤に公式戦出場のチャンスが巡ってくる。リーグ戦のタイトなスケジュールを縫って行われた天皇杯だ。サンガでの公式戦初出場を振り返って、加藤はこう語る。「1年半ぶりの公式戦、やってみると自分自身が確実に成長していると感じた。『俺、上手くなっている』と、手ごたえを感じた。ここまで公式戦への出場機会がなかった間も、向上心を持って練習してきたことは間違いじゃなかった。『1年半試合には出ていなかったけれど、ちゃんと準備もできていた』と自信にもなり、安心もしました。」試合の方は後半アディショナルタイムに失点し惜しくも黒星を喫したが、今の自分の体や精神面の状態を認識するうえで非常に重要な試合だったし、フィールドの選手との意思疎通、連携を含めて収穫は大きかった。間違いなくこの試合が加藤自身の今シーズンのターニングポイントになった。
 20節で4位にはなったものの、実は17節大宮戦では1-3で黒星、18節の琉球戦、20節の水戸戦は2-2のドローとなかなか勝ちきれない試合が続いていた。チームに自ら良い変化を加えたいと、中田監督が放った秘策がGK加藤の起用だった。

 「準備はできていたし、天皇杯という実践を直前にこなしたことで、不安は全くなかったし、スムーズに試合に入れた。」加藤は監督の期待に見事に応え、21節長崎戦、22節山形戦をクリーンシートで終え、チームは勝ち点差なしの得失点差ながら首位に立った。

2f5a2200_640
位になって選手たちはさぞかし喜んでいるのかと思いきや「正直今首位だからとか、次の対戦相手は何位だからということは自分の中ではあまり関係なくて、次の一戦、勝てば順位が上がるというシンプルな気持ちで戦っています。だから順位よりはしっかり目の前の相手に挑んでいくことが大切。この間も同い年の安藤選手と話していたのですが、『やっぱり一戦一戦だよね』って。次の対戦相手に向けて真剣に集中して立ち向かう、これが一番大事だと思うし、これを毎試合しっかり続けていけば絶対良い結果が出てくる。自分の一番近くでプレーしている安藤選手も同じことを感じて、考えているというのはうれしかったし、そういう意味ではチーム一丸となってしっかりコミュニケーションを取って同じ方向を向いて戦っていけば一試合一試合確実に勝ち点を積み上げられると思う。」
 そう言う加藤だが、長崎との試合で相手のシュートがクロスバーに当たった後、ゴールポストを叩いて「ありがとうね」とお礼を言っていた。「ゴールポストは僕の友達だから。何なら試合前、ゴールポストに『今日もよろしく』と挨拶しているからね。そうすれば苦しい時に助けてくれますよ。」この男、チームメイトだけではなく、ゴールマウスともコミュニケーションを取っている。

2f5a0641_640

の後、古巣の大宮との対戦、3-2で勝利し首位を死守することとなるのだが、加藤はその試合の感想をこう語る。「うれしいけど悔しい試合でした。勝ったことはうれしい、失点したことは悔しい。でも勝つことが大事だから。あとは大宮のサポーターの皆さんに、最高の仲間たちと京都サンガで思いっきりサッカーを楽しんでいる加藤順大を見せることができたことが最高に良かったかな。」しかし試合後、加藤は大宮のサポーターの元へ挨拶には行かった。「大宮のサポーターたちは最高の連中ですよ。でも、僕は今、京都サンガの加藤順大だから。大宮のサポとはNACK5でお別れしましたから。」いかにも加藤らしい。

後にサポーターの皆さんにメッセージが欲しいとお願いした。「これから後半戦、難しい試合もたくさんあると思うのですが、今のところ一戦一戦集中して戦えています。J1には上がりたいですし、このチャンスは逃したくないというのはサポーターの皆さんも同じだと思います。応援してくださる皆さんと一緒にしっかり戦えたらなと思います。その中で西京極に足を運んでくださるお客さんがなかなか増えていかない状況があります。僕たちも満員のお客さんの中で試合がしたいし、そこは僕たちも訴えていかないといけないことです。そのために僕たちは試合で強い京都サンガを見せてアピールしなければならないし、見に来ていただいた方が満足してくださるプレーを続けていかないといけないと思います。毎回西京極に来てくださっている方はもちろん今まで通り、そして周りにサッカーを見に行きたいという友達や家族、恋人がいたらぜひとも一緒に連れて来てあげてください。」

2f5a0176_640_2
客動員のことまで考えるのですねと問うと「普段練習の後、時間があるからね。観客動員のために自分たちにもできることがあれば何でもやりたいですよね。」
 加藤順大、顔には出さないが、プロになってからレギュラーとして定着するまで8年かかった苦労人である。それだけに人の気持ちがわかるのだろう。周りからの信頼も絶大だ。
 事実、西京極での初陣となった長崎戦での加藤への声援は物凄いものだった。「京都という最高の仲間と戦える場所に今いられるのは、大宮が『来季は契約しない』と言ってくれたから。大宮にお礼を言いたいくらい。」加藤は笑うが、京都のサポーターも同じ心境だろう。

きな言葉は「雲外蒼天」。困難を乗り越え、努力して克服すれば快い青空が望める、という意味。まさに加藤の人生そのものだ。加藤の努力が実り、今までのサッカー人生で咲かせたことがないくらいの大輪の花を、この京都で咲かせてくれるに違いない。

加藤順大選手からプレゼント

2f5a2332_640

今回取材に応じていただきました加藤選手から、愛用のキーパーグローブをサイン入りで頂きました。

2f5a2297_640
また、加藤選手のフォトフレーム2枚にもサインを入れて頂きました。
抽選で各1名様にプレゼントいたします。(賞品はこちらで選ばせて頂きます)
読者の皆様どなたでもご応募いただけます。
下記要領にてご応募ください。

 <応募方法>

官製はがきに本誌の応募券を添付し、氏名、住所、電話番号をご記入の上、「加藤選手のプレゼント希望」と明記して、後援会事務局へお送りください。

<締め切り日>

2019年8月23(金)の消印まで有効

<送り先>

京都パープルサンガ後援会事務局
〒602-8588
京都市上京区烏丸上長者町 KBS京都内

たくさんの皆様からのご応募を、お待ちしております。

京都パープルサンガ後援会主催 第21回 フットサル大会

6月9日(日)サンガタウン城陽内にあるサンガフットサルパークにて第21回 フットサル大会を開催しました

Img_0001_640

Img_0019_640
開会にあたって、まずは当会の副会長 大倉治彦よりご挨拶させていただきました

Img_0054_640
続いて株式会社 京都パープルサンガ 細川浩三取締役よりご挨拶をいただきました

Img_0069_640
審判団からのルール説明、諸注意のあと

Img_0082_640
準備運動、今年はヨガ
Handy Styleの大谷めぐみ先生にご指導いただきました

Img_0110_640

Img_0140_640
先生は簡単にこんなポーズをとられますが・・・

Img_0107_640

Img_0155_640
参加者の皆さんは・・・出来たでしょうか???

Img_0158_640
そして参加者全員で記念撮影

今年の参加チームは、12チーム

A・B2つのブロックに分かれて総当たりリーグ戦
各リーグのトップのチーム同士で優勝決定戦と、2位のチーム同士で3位決定戦を行う、というルールです

今回参加していただいたチームは

<Aブロック>

Img_0178_640
堀場製作所

Img_0196_640
環協FC

Img_0239_640
FCコレガ

Img_0572_640
大京魚類FC

Img_0185_640
ヴィーナス

Img_0203_640
シーレックス

<Bブロック>

Img_0307_640
後援会理事&サンガスタッフチーム

Img_0290_640
FCレコス

Img_0211_640
WORKERBEE

Img_0266_640
EKネサル

Img_0247_640
チーム都乾園

Img_0280_640
商工会議所青年部 GEYSER

Img_0330_640

Img_0590_640
予選リーグは、各ブロックとも白熱した好試合

Img_0795_640

Img_0798_640
予選リーグの結果、ヴィーナスとFCレコスが優勝決定戦、堀場製作所と後援会理事&サンガスタッフチーム、HORIBAが3位決定戦に進出

果たしてその結果は・・・

Img_0801_640
全試合終了後、閉会式と表彰式

Img_0815_640
3位は1-1からの延長戦をVゴールで制した堀場製作所

Img_0831_640
2位はFCレコス

そして優勝は・・・

Img_0847_640

Img_0861_640
優勝決定戦を3-2で制したヴィーナスでした

Img_0906_640
得点王は後援会理事&サンガスタッフチームの正岡望世選手でしたが、ここは辞退させていただきますとのお言葉で・・・

Img_0871_640

Img_0916_640
シーレックスの植田選手に
サンガの湯沢選手、安藤選手、黒木選手のサイン入りユニフォームがプレゼントされました

Img_0933_640

Img_0943_640
MVPはヴィーナスの田中選手
サンガの全選手サイン入り公式球がプレゼントされました

Img_0955_640
表彰式に駆けつけてくれた安藤選手と

Img_0996_640
黒木選手からご挨拶をいただき

Img_1013_640
株式会社 京都パープルサンガ 細川浩三取締役からも一言

Img_1061_640
最後に当会の会員事業室長の石川裕也よりご挨拶させていただき、閉会式を終了しました

Img_1091_640
優勝したヴィーナス

Img_1096_640
準優勝はFCレコス

Img_1112_640
3位は堀場製作所

参加していただいたみなさん、ありがとうございました
来年も多数のご参加をお待ちしております

カミーザドーゼ・サンガvol.59 プレゼント抽選結果

3月25日(月)、2019年度第3回のサンガ後援会 理事会が開催されました

その理事会で、カミーザドーゼ・サンガvol.59で募集いたしました中田監督からのプレゼント

Img_8277_640
中田監督のサイン入りTシャツ2名様と

Img_8274_640

中田監督のサイン入り写真パネル2名様の抽選を行いました

Img_8269_640

今回も多数のご応募をいただきました
堀場会長に厳選なる抽選をしていただき、選ばせていただきました
見事当選されましたのは・・・

サイン入りTシャツのご当選者は

京都市西京区にお住いの安田雄司さんと
京都府宇治市にお住いの澤田典宏さん

写真パネルのご当選者は

京都市右京区にお住いの杉森洋介さんと
滋賀県東近江市にお住いの垣谷清司さん

でした

おめでとうございます
早速事務局よりプレゼントの方を発送させていただきます


また次回も多数のご応募、お待ちしております

広報誌 カミーザドーゼ・サンガ 2019 No.59

2019年2月24日(日)京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場にて行われました2019J2リーグ開幕戦 京都サンガF.C.vsアルビレックス新潟の試合当日、当後援会の広報誌「カミーザドーゼ・サンガ」を入場ゲートで配布いたしました。

No59_1_640

今回の特集は、今季監督に就任された中田一三監督へのインタビューです。

No59_23_640

Cb5i6127_640

監督 中田 一三

 1973年4月19日生まれ(45歳)
三重県伊賀市出身

 【選手歴】

1989-1991年  三重県立四日市中央工業高校
1992-1995年  横浜フリューゲルス
1996-1997年  アビスパ福岡
1998年     大分トリニティ
1998年11月-2000年 ジェフユナイテッド市原・千葉
2001年     大分トリニータ
2002-2003年    ベガルタ仙台
2004-2004年7月 ヴァンフォーレ甲府

【指導歴】

2005-2006年  中田一三サッカースクール
2007-2008年  伊勢ペルソナFC 監督
2009年 FC    Avenidasol
    テクニカルディレクター/south U-15監督
2013年-2017年2月 FC.ISE-SHIMA監督
2017年3月-2018年 FC.ISE-SHIMA総監督

Cb5i6085_640

いよいよ2019年シーズンの開幕です。

今回のインタビューは、今シーズンの指揮を執る中田一三監督にお願いしました。

Q.12年間Jリーグで選手として活躍された後、自分の理想のクラブを追い求めてサッカースクールを立ち上げられたとのことですが。

 A.私の出身が三重県の伊賀なので、地元にサッカースクールを立ち上げました。育成年代、主に小学生を中心に始めて今年で11年になります。何もないところから始めて、今では小中学生のチーム、スクールで200名くらいの規模になりましたし、卒業生からJリーガーや、女子の年代別代表も輩出できました。

 Q.そのサッカースクール設立から地域のクラブチームの立ち上げ、そして監督に就任されておられますが、監督が理想とされるサッカークラブとは、どのようなものですか。

A.具体的に言葉で「これ」と言うのは難しいのですが、「全ての関わる人がその存在を喜べる」ということは一つあります。実は自分が選手としてJリーグに身を置いていた時も、心が喜べない時間を過ごしていたというか、Jリーグ自体に自分自身が疲れていたというか、もちろん魅力も感じていなかったし、引退するときもクラブに残って一指導者として下積みをしてJリーグの監督を目指すというのも少し違うな、というのがありました。その違和感というのは、Jリーグはもちろん、子供たちの少年団でさえ勝利至上主義というか、勝ちに急ぐチームがたくさんあるような状況でした。「本当に勝つことだけが全てなのか」という疑問です。自分の理想と呼べるものは「こうだ」というものがあるわけではなくて、今まで経験した環境はしっくりきていない、ならばしっくりくるものを作りたいな、という思いです。その「しっくりくるもの」というのももちろん具体的にはわからないのですが、ただ温かいというか、ほのぼのしながら、自分たちが只々勝ちたいだけではなくて、勝ってほしいと願う人たちがいて、その人達のためにも勝ちたいと自然に思えるクラブ、そんな感じです。我々クラブの選手やスタッフと、サポーターやスポンサーといった我々を支えてくださる方々が共に学び、成長し、そしてその成果として勝ちにつながったり、昇格を果たしたり。そんな風に感動を共有できるクラブが良いと思います。

 Q.勝つことだけが目指すことではない、ということですね。

 A.「勝つ」というのは不確かなものです。特にサッカーというのはスポーツの中でもより不確かなものです。全てをそこに委ねている訳ではなくて、それを整理するために戦術や戦略があるのですが、それでも例えば相手が外国人、けが人が出た、風が強い、審判が・・・と、より不確実な要素があり、セオリー通りにはいかないことのほうが多いです。しかしまずはいかにこの不確実を楽しめるか、そしてその中でいかにしてチームの勝率を上げるのか、ということです。知らないこと、やったことのないこと、思い通りにいかないことの中で目標に向かってやり続ける、まさに教育と同じです。もちろん勝ちを求めて戦うのですが、常に立ち返る場所はどこなのかということはしっかり見据えてやっていきたい。「勝つこと」や「J1昇格」が最終目的ではない。例えばサンガは未来に何を残すのか、何のために戦っているのか、ということを常に見据え、そしてどういう戦い方をするのかを考えていきたい。ただ、言うのは簡単。結果が伴わないとただの絵空事です。そうならないためにも、しっかり勝ち点は積んでいきます。

Cb5i6135_640

Q.そんな中で、中田監督が指向される戦術は?

A.僕自身もクラブを地域リーグから常に上のカテゴリー上げてきたので、自分の形、手法はありますが、その中で意識している基軸、ポイントがいくつかあります。そのうちの一つは京都がビジョンの中にも使っている「創造と挑戦」という言葉です。この言葉は、自分の生き方にもしっくりくる言葉で、今の京都はこの言葉の結果が作り出したといっても過言ではないと思います。それをサッカーで表現するとなると「守備的」か「攻撃的」か、やはり「攻撃的」です。「創造性」というのは得点につながるような部分、見せ場というか、予想を上回るようなゴールです。そういうものを生み出すところへの情熱的な挑戦というか、そのシーンは多く作りたいと思います。そういうものを求められていると思いますし、そういう声を聴きながら、自分のやってきた経験と、さらにサンガ、京都が何をすべきか、というものを作ろうとしているところです。そこも今まさに「創造と挑戦」というところです。またこれは最善の方法が最初にわかっているものではないので、この先「創造と挑戦、実現」を繰り返し、ずっと続くことだと思っています。

Q.今年の選手の顔ぶれ、補強については、どう感じておられますか?

A.どの選手がスターになるのだろう、というか誰が活躍するのかなというのを私も楽しみにしながら進めています。誰がついてきて結果を出していくのか、そこは選手たちが感じ取って競争してもらいたいし、ベテラン、若手にかかわらず「創造と挑戦」を生み出せる、実現できる選手を使っていくしかありません。
常日頃「創造と挑戦、実現」ということを仕組みとして機能させるにはどうすればよいかと考えたときに、優秀なコーチングスタッフがこれまでより多く欲しいという結論に至り、素晴らしいコーチングスタッフを集めていただきました。ここは今季の最高の補強です。彼らはいろんな経験をしてきているので意見を出してもらい、しかしその個人の意見が答えではなく、全体で出てきたより良い考えのところに着地させるためにトライしていく。それをトレーニングのレベルにも落とし込み、日々の練習から「創造と挑戦」でやっている最中です。これで成果が出ればみんなの成果、だめだったときは私の責任です。

Q.最後に監督から、ファン・サポーターへ熱いメッセージをお願いします。

A.今シーズンのスローガンは「闘紫を胸に、感動を共に。」選手、スタッフは、自らを紫に染めてファン、サポーターに応える戦いをしたいと思います。皆さんも今まで以上に紫に染まって、毎試合毎試合一緒に感動できるような後押しをお願いします。

柔らかな物腰の中に、熱い情熱と闘志がにじみ出るお話でした。我々ファン、サポーターも闘紫を胸に、毎試合共に感動しようではありませんか。いざ、戦いのワンダーランドへ!!

中田監督からプレゼント

Img_1753_640

今回インタビューにお答えいただきました中田監督のサイン入りTシャツを2枚(キッズサイズ150)京都サンガF.C.様から頂きました。

Dsc_0867_640

Dsc_0868_640

また、中田監督のフォトフレーム2枚にもサインを入れて頂きました。
抽選で各1名様にプレゼントいたします。(商品はこちらで選ばせて頂きます)
読者の皆様どなたでもご応募いただけます。
下記要領にてご応募ください。

<応募方法>

官製はがきに本誌の応募券を添付し、氏名、住所、電話番号をご記入の上、「中田監督のプレゼント希望」と明記して、後援会事務局へお送りください。

<締め切り日>

2019年3月8日(金)の消印まで有効

<送り先>

京都パープルサンガ後援会事務局
〒602-8588
京都市上京区烏丸上長者町 KBS京都内

たくさんの皆様からのご応募を、お待ちしております。

2019新加入選手記者会見

2019年1月8日(火)、京都サンガF.C.の2019新加入選手記者会見が行われました。

49625854_2069129683167251_309148329
この日は、指導者ライセンス受講のため欠席した安藤淳選手を除く11人が出席、同時に背番号も発表されました

2f5a0797_640
この日の司会は、サンガキャンパス隊の青木美奈実さん

まずは移籍組

2f5a0194_640
GK 1 大宮アルディージャから移籍の加藤 順大選手

2f5a0219_640
FW 13 北海道コンサドーレ札幌から復帰の宮吉 拓実選手

2f5a0243_640
MF 7 ブラジル フィゲイレンセFCより移籍のレナン モッタ選手

2f5a0324_640
FW 23 ガンバ大阪より育成型期限付き移籍の一美 和成選手

続いて新卒組

2f5a0258_640
MF 29 関西学院大学から加入の中野 克哉選手

2f5a0282_640
DF 28 早稲田大学から加入、昨シーズン特別指定選手として公式戦2試合に出場も果たした冨田 康平選手

2f5a0307_640
DF 25 明治大学から加入の上夷 克典選手

最後はアカデミーからの昇格組

2f5a0557_640
DF 35 江川 慶城選手

2f5a0346_640
MF 32 昨シーズン2種登録で公式戦にも出場を果たした上月 壮一郎選手

2f5a0366_640
FW 33 服部 航平選手

2f5a0390_640
MF 31 昨シーズン2種登録で公式戦にも出場を果たした福岡 慎平選手

2f5a0873_640
写真セッション

まずは腰に手を

2f5a0881_640
次は腕組み

2f5a0893_640
笑顔バージョン

2f5a0925_640
最後は加藤選手の発案で、青木美奈実さんを真ん中に写真撮影

今シーズンは、この新加入選手たちに大活躍していただきましょう

カミーザドーゼ・サンガvol.58 プレゼント抽選結果

10月29日(月)、2018年度第10回のサンガ後援会 理事会が開催されました

Dsc_0716_640
その理事会で、カミーザドーゼ・サンガvol.58で募集いたしました染谷選手からのプレゼント

1540816577079_640
染谷選手愛用のスゥエット上下1名様と

1540816579329_640
染谷選手のサイン入り写真パネル2名様の抽選を行いました

1540816587744_640
今回も多数のご応募をいただき、堀場会長に厳選なる抽選をしていただき、選ばせていただきました

見事当選されましたのは・・・

スゥエット上下のご当選者は

京都市左京区にお住いの田中衆子さん

写真パネルのご当選者は

京都市伏見区にお住いの井上直人さんと
大阪府門真市にお住いの村岡直子さん

でした

おめでとうございます
早速事務局よりプレゼントの方を発送させていただきます

なお、ご応募いただきました葉書に、染谷選手へのメッセージを書いていただいた物に関しましては、染谷選手にお届けをいたしました


また次回も多数のご応募、お待ちしております

広報誌 カミーザドーゼ・サンガ 2018 No.58

2018年9月22日(日)京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場にて行われました2018J2リーグ第34節 京都サンガF.C.栃木SCの試合当日、当後援会の広報誌「カミーザドーゼ・サンガ」を入場ゲートで配布いたしました。

No58_1_640_2

今回の特集は、京都の15番を背負うキャプテン、染谷悠太選手へのインタビューです。

No58_23_640

2f5a0005_640_2

15 DF 染谷 悠太 

1986年9月30日生まれ(31歳)
東京都出身

【選手歴】

2009年–2013年  京都サンガF.C.
2014年-2015年  セレッソ大阪
2016年-      京都サンガF.C.

【代表歴】

2002年      U-16日本代表

2f5a0009_640

いよいよ2018シーズンも終盤。京都サンガF.C.はここまで、近年まれにみる苦しい戦いを強いられてきました。そんな中、チームにはようやく巻き返しの兆しが見え始めました。

今回のインタビューは、2018シーズン「京都の15番」を背負ってチームを引っ張る“キャプテン”染谷悠太選手にお願いしました。

Q:今シーズン、自身のサッカー人生で初めてのキャプテンに就任されましたが、ここまでいかがですか。

A:結果が伴ってないので、その責任は感じています。試合に負けたりするといつも以上に「もっとやらなきゃ」というキャプテンの担う重責へのプレッシャーはありますが、だからこそキャプテンという事を自分の中で必要以上に意識しないよう、試行錯誤しながらやっています。

Q:キャプテンという重責へのプレッシャーの中で戦うのは、損な役回りですね

A:損な役回りというか、嫌な思いはどんどん自分がした方が良いと思っています。チームメイトや、応援してくださるサポーター、支援してくださるみなさんに嫌な思いをいかにさせないか、というところだと思っているので、良い経験をさせてもらっています。

Q:J200試合出場も達成され、今シーズンはほぼスタメンフル出場状態と、レギュラーに定着しましたが。

A:キャリアが10年になりましたが、年を重ねるごとに“チームを勝たせることができる選手になりたい”という思いが強くなってきています。だから、いかに自分の仕事をきちんとこなしながらチームを勝たせることができるか、というところにフォーカスしています。試合に出てこそ勝たせるためのプレーができる訳で、試合に出るために日々の練習や姿勢があると思うので、そこはこだわってやっています。

2f5a0034_640

Q:今シーズンは13節という早い時点で監督の交代がありました。チームの状態、雰囲気はどうでしたか。

A:監督が変わるという事はチームにとっても選手にとっても大きいことなので、動揺はありました。布部監督にとっても道半ばでの退任だっただろうし、クラブとしては良くなるための最善の選択肢だったのだと思います。しかし、そういう結果を引き起こしたのは他でもない我々選手なので、「もう一回選手一人一人が自分のできることをやろう」という意思統一ができるきっかけにはなりました。

Q:現在チームは20位と低迷していますが、選手の立場、キャプテンの立場から見てこの順位をどうお考えですか。

A:もっと上にいなければいけないし、20位で良い訳がないと思います。ここからどれだけ「勝点3」を拾っていくか、むしろ取りに行かなければならないと思います。20位という現状を嘆くのではなく、一人一人がそれを受け止めて、どれだけ上に行けるのかという事をプレーで示していかなければいけないと思っていますし、自分自身も「勝点3」のためにもっと必死にやらないといけないと思っています。

Q:順位もさることながら、ここまで31試合で得点27、失点45.守備の要CBとしては失点45をどのように考えますか。

A:失点が多いと思います。1試合1点以下というのが上に行く最低条件だと思うので。得点に関しては、取れるに越したことはないですが、相手のいることです。だからこそDFで失点を計算できなければいけない。終了間際や立ち上がりといった、集中が切れてはいけないタイミングでの失点が顕著です。ここは改善しないといけない。失点でも事故のような失点はチームへの影響も少ないですが、自分たちのミスからの失点は、順位の事もあってナーバスになりがち。特に自分はDFなので、試合の始まりと終わりを中心に、いかに失点0の時間を長くしていくかというところをチームに示していかなければならないと思います。

2f5a0016_640

Q:夏の補強で7名の新しい選手がチームに加わり、チームに勢いが出たように見えますが。

A:新加入の選手たちの与えてくれる刺激は、凄くプラスになっています。彼らは割とすんなりフィットしていると思いますし、力も発揮してくれています。より彼らの良さを引き出したり、それによって既存の選手の良さを引き出したりと、お互い切磋琢磨して良い刺激をしあっていく中で「勝点3」を取りに行く努力をしたいです。

Q:西京極に足を運んでくださるファン、サポーターに、「染谷悠太のこんなところを見てくれ」といったセールスポイントがあれば教えてください。

A:自分はプレーでこういうの、というのではなくて…見てくださる方が「染谷ってそういうところがいいよね」と感じてくださるのが良いと思っています。そして一番は見に来て下さった方の活力になりたいです。落ち込んでいても自分のプレーを見て明日からまた頑張ろうかな、と思ってもらえるような、元気や勇気を与えられるようなプレーヤーになりたいと思っています。自分は頭を使ってプレーをしないといけないと思っているので、その中で体を張るクレバーな部分を見て何か感じてもらえるとうれしいです。

Q:最後に染谷選手から、ファン・サポーターへ熱いメッセージをお願いします。

A:いつも、どんな時も、自分たちも悔しいですが、自分たち以上に悔しい思いをしていても応援してくださる、支援してくださる、サポートしてくださる方がいてくださってクラブが成り立っているので、笑顔でお返しすることが自分たちの使命だと思っています。たくさん歯がゆい、悔しい思いをさせていますが、「勝点3」を掴み取って笑って終われるように自分たちも努力するので、最後まで一緒に戦って欲しいと思います。いつも本当に感謝しています。

今シーズン、残り試合も少なくなってきましたが、最後まであきらめることなく、最後の最後にみんなで笑って終われるよう、我々も一緒に戦いましょう。

(取材日 2018年9月12日)

染谷選手からのプレゼント

2f5a0095_640_2

今回インタビューにお応えいただきました染谷選手から、愛用のスウェットを頂きました。

2f5a0076_640_2

また、染谷選手のフォトフレーム2枚にもサインを入れて頂きました。

抽選で各1名様にプレゼントいたします。(商品はこちらで選ばせて頂きます)
読者の皆様どなたでもご応募いただけます。
下記要領にてご応募ください。

<応募方法>
官製はがきに本誌の応募券を添付し、氏名、住所、電話番号をご記入の上、「清水選手のプレゼント希望」と明記して、後援会事務局へお送りください。

<締め切り日>
2018年10月1日(月)の消印まで有効

<送り先>
京都パープルサンガ後援会事務局
〒602-8588
京都市上京区烏丸上長者町 KBS京都内

たくさんの皆様からのご応募を、お待ちしております。

2018年 J2 第33節 ファジアーノ岡山戦 応援バス

9月15日(土)岡山 シティライトスタジアムで行われました2018年 J2第33節 ファジアーノ岡山戦に応援バスを出しました

Img_8148_640

今回の応援バス、降格圏を脱して勢いが付きつつあることもあって、参加者は添乗した後援会理事を含めて総勢39名
今回もたくさんのご参加、ありがとうございます

この日は13時25分に京都駅を出発

Img_8150_640

途中、三木SAで休憩を取り

Img_8151_640

その後、恒例のお楽しみ大抽選会を開催

Img_0058_640

16時40分に今回の目的地、岡山 シティライトスタジアムに到着しました

Img_0013_640

3連敗中とはいえ、一桁順位に踏みとどまる岡山は、この日もサポーターで一杯

Img_0109_640

京都からもたくさんのサポーターが駆けつけました

Img_0246_640

この日のスタメンは

GK 清水 圭介
DF 本多 勇喜  染谷 悠太  牟田 雄祐  増川 隆洋  石櫃 洋祐  
MF 重廣 卓也  ジュニーニョ  庄司 悦大  
FW 岩崎 悠人  カイオ

この日は牟田が久しぶりのスタメンで3バック
重廣と庄司がダブルボランチを組む
さあ、久々の「勝ち点3」を持って帰ることができるか

2f5a0108_640_2

清水

2f5a0173_640

8分、コーナーキックからイ ヨンジェが頭ですらしたボールはふわりと上がってポストを直撃、そのままゴールラインを割ってゴール

またもや先制を許してしまう

2f5a0412_640
ジュニーニョ

2f5a0379_640
21分、カイオがセンターライン付近から強烈なロングシュート

2f5a0308_640
これが見事にゴールに突き刺さり同点に

2f5a0328_640
喜ぶカイオに駆け寄る岩崎と増川

2f5a0431_640
重廣

2f5a0463_640
増川のヘディングシュートは、クロスバー直撃でゴールならず

2f5a0516_640
元サンガのイ ヨンジェと競り合う牟田

2f5a0586_640
清水はこの日もファインセーブでゴールを死守

2f5a0610_640
牟田

2f5a0619_640
岩崎

2f5a0729_640
増川

Img_0264_640
前半終わって1-1

2f5a0851_640
ハーフタイム、ボールパーソンとじゃれるパーサ君、コトノちゃん
さあ、後半

2f5a1154_640
本多

2f5a1453_640
ペナルティエリアギリギリまで出てクリアする清水

2f5a1638_640
54分岡山に追加点を許すと、59分すかさず増川に代えてレンゾ ロペスを投入

2f5a1707_640
64分、岩崎に代えて仙頭を投入

2f5a2383_640
庄司

2f5a2014_640
清水、またも好セーブ

2f5a1534_640
仙頭

2f5a2362_640
石櫃

2f5a2401_640
本多

2f5a3085_640
75分、ジュニーニョに代えて田中 マルクス 闘莉王を投入

2f5a2647_640
アディショナルタイムに入ってすぐ、清水からのロングボールをカイオが競り勝ち落としたボールにロペスが反応

2f5a2648_640
放ったシュートはキーパーが手には当てたもののファンブル

2f5a2659_640
そのルーズボールに再びロペスが詰め、ゴールに押し込んで同点

2f5a2671_640
ジャイルさんに駆け寄るロペス

2f5a2757_640
そこへカイオも駆け寄り抱擁

2f5a2837_640

試合はそのまま2-2の同点でノーサイド

Img_0287_640
サポーターに挨拶に来た選手たちには「次こそ勝とう!」の声

Img_0328_640
インタビューで遅れてきたロペスには、大きなロペスコール

残念ながら勝利にこそならなかったが、勝ち越されても追いつく執念を見せた試合だった
幸運にも下位の熊本が引き分け、讃岐が負けたので順位は変わらずだが、薄氷の降格圏外だ
次こそはすっきり勝って、まずは安心できるところまで順位を上げたい
残る9月の3試合が、山場になりそう

岡山戦応援バスツアー
<往路>
13:15 京都駅集合
13:25 京都駅出発
14:40 三木SA到着 30分休憩
          大抽選会開催
16:40 岡山 シティライトスタジアム到着

<帰路>
21:30 岡山 シティライトスタジアム出発
23:00 三木SA到着 15分休憩
24:25 京都駅到着 解散

第33節 vs ファジアーノ岡山
2018.9.15(土)19:03
於:シティライトスタジアム
入場者数 13,851人
試合結果 2-2△

<得点> 
21 カイオ
90+1 レンゾ ロペス

<交代>
59 増川 隆洋 → レンゾ ロペス
64 岩崎 悠人 → 仙頭 啓矢
75 ジュニーニョ → 田中 マルクス 闘莉王

第33節終了時点 7勝7分18敗 勝ち点28 20位

プレミアム・サタデー in Kyoto 合同記者会見

8月23日(木)京都テルサにおきまして「プレミアム・サタデー in Kyoto 合同記者会見」が行われましたので、取材に行ってきました

2f5a0015_640
プレミアム・サタデー in Kyotoは、昨年から始まった、府・市体育協会と京都に本拠地を置くプロスポーツクラブなど、関係団体が連携をしてイベントを実施する取り組みで、昨年に続いて2回目となります

2f5a0026_640
会見ではまず、京都府体育協会 武田 暹会長より趣旨の説明が
ラグビーワールドカップ2019、2020東京オリンピック・パラリンピック、WMG2021関西など、ビッグスポーツイベントに向かうなか、京都のスポーツを一層盛り上げる狙い、とのこと

2f5a0052_640
そして、プロ3クラブの選手たちが自己紹介

まずは京都サンガF.C.の仙頭 啓矢選手

2f5a0079_640
続いて女子プロ野球、京都フローラ みなみ選手

2f5a0091_640
最後はバスケットボールBリーグの京都ハンナリーズ 伊東 達哉選手

3選手は、自分の所属するチーム以外のスポーツについても印象や思い出を語りました

2f5a0168_640
その後は、プレミアム・サタデー in Kyoto に対する意気込みを色紙に書いて説明

仙頭選手は「暑いではなく熱い京都に」

2f5a0185_640
伊藤選手は「フルフル ワクワク」

2f5a0195_640
みなみ選手は「プロで京都を元気に!」

2f5a0375_640

2f5a0387_640

2f5a0414_640

2f5a0447_640
最後は3選手の記念撮影で、記者会見は終了

Img_8072_640
仙頭選手のしたためた色紙はこちら

今年のプレミアム・サタデー in Kyotoは

日時 平成30年10月13日(土) 11:00~19:00頃
場所 京都市西京極総合運動公園内 各会場
内容 ①プロ3クラブ フリースロー対決(12:00~12:30)
    ②京都フローラの選手と共に京都サンガF.C. 京都ハンナリーズの試合を応援
       京都サンガF.C.vs徳島ヴォルティス
       京都ハンナリーズvs横浜ビー・コルセアーズ
    ③府・市民向け体力・体組成無料測定の実施
    ④ワールドマスターズゲーム2021関西の啓発
    ⑤当日試合の優待割引チケット(コラボチケット)の発売
    ⑥飲食ブース出店、その他

となっています

Img_8070_640
10月13日はサンガの試合だけではなく、是非ともハンナリーズの試合も応援に行きましょう!!

プレミアム・サタデー in Kyoto 詳細は ⇒ こちら から

2018年 J2 第28節 FC岐阜戦 応援バス

8月11日(土・祝)岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われました2018年 J2第28節 FC岐阜戦に応援バスを出しました

Img_8066_640
今回の応援バス、成績低迷中のお盆前連休にもかかわらず、参加者は添乗した後援会理事を含めて総勢39名
今回もたくさんのご参加、ありがとうございます

この日は12時45分に京都駅を出発、途中、多賀SAで休憩を取り

Img_8068_640_2
その後、全員に何かが当たる大抽選会を開催

Img_6766_320

16時に今回の目的地、岐阜メモリアルセンター長良川競技場に到着しました

Img_0177_640_2
試合前、サンガキャンパス隊の二人と、

2f5a0082_640_2
名古屋発の男性アイドルグループ祭nineとのスイカの種飛ばし競争

結果は祭nineの圧勝でしたが・・・

2f5a0003_640_2
岐阜は西京極でのホームゲームで勝利した数少ない相手
アウェーでも勝利して、今季初の連勝としたい

Img_0222_640
京都からも大勢のサポーターが駆けつけた

Img_0287_640
京都サンガF.C.スタジアムDJの吉村和人さんと

Img_0356_640
FC岐阜のスタジアムDJ平松 伴康さんのスターティングメンバー生紹介のあと、選手が入場

2f5a0159_640
試合前のセレモニーでは、両チームに飛騨牛が贈られたり

2f5a0189_640
花束が贈られたり

Img_0547_640
この日のスタメンは

GK 若原 智哉
DF 本多 勇喜  染谷 悠太  増川 隆洋  石櫃 洋祐  
MF 仙頭 啓矢  ジュニーニョ  金久保 順  庄司 悦大  
FW レンゾ ロペス  岩崎 悠人

ベンチには新加入のカイオ、呉 少聰、そして来季トップチームへ加入することが内定、2018年JFA・Jリーグ特別指定選手の冨田康平も

前節ホームでの勝利の勢いそのままに、今日も勝利成るか
いざ、キックオフ

2f5a0200_640
若原

2f5a0260_640

ジュニーニョ

2f5a0297_640

本多

2f5a0351_640

金久保

2f5a0461_640

増川

2f5a0513_640

石櫃

2f5a0562_640

2f5a0564_640
21分、ゴール前で崩され、最後はゴールの左隅に流し込まれてまたもや先制点を奪われる

2f5a0776_640

0-1と先制を許す

2f5a0757_640

庄司

2f5a0725_640

岩崎

2f5a0790_640

染谷

2f5a1063_640
若原渾身のセーブで、さらなる失点は防ぐ

Img_0588_640
前半終わって0-1

Img_0613_640

ハーフタイムには吉村和人さんと平松 伴康さんが再び登場

Img_0621_640

京都サンガF.C.とFC岐阜のマスコット対決
今回はスチール椅子リレー

スタートはコトノちゃんvsミナモ

Img_0641_640

バトンならぬスチール椅子を受け取ったパーサ君とギッフィー

Img_0662_640

両者ほぼ同時にゴールイン
協議の結果、引き分け
この勝敗はサッカーの試合で決着することに

2f5a1157_640

円陣を組んで、いざ後半

2f5a1365_640

仙頭

2f5a1404_640

48分、後半開始直後にミドルシュートをゴール右端に決められ0-2に

2f5a1706_640
53分、本多に代えて来季トップチームへ加入することが内定している特別指定選手の冨田康平を投入

2f5a1968_640
58分には岩崎に代えてカイオ投入

2f5a1830_640_2
65分には、金久保に代えて重弘を投入

2f5a0278_640
67分、カウンターから庄司がゴールを決めると

2f5a2012_640

2f5a2013_640

2f5a2029_640

そのわずか3分後、再びカウンターから、今度はロペスがゴール

2f5a2114_640

これで2-2の同点

2f5a2307_640
ここへきて足をつる選手が続出
ジュニーニョが相手GKのビクトルに足を延ばしてもらう一幕も

2f5a2398_640
そのジュニーニョに足を延ばしてもらう染谷
消耗戦の様相を呈してきた

2f5a2422_640
若原は度重なるビックセーブで、ゴールを死守

2f5a2605_640

チームの頑張りに触発されてか、88分にはロペスの逆転弾

2f5a2675_640
2-3と土壇場で勝ち越しに成功

2f5a2708_640
しかし、この日のアディショナルタイムは4分
長い!!

2f5a2768_640
岐阜はキーパーまで上がってのパワープレー

2f5a2789_640
サンガはその猛攻に耐える

2f5a2792_640
耐える

2f5a2805_640
耐える

2f5a2850_640
そしてゴールを死守して長い笛
1点のリードを守り切って、今季初の連勝

Img_0755_640
ピッチに選手、スタッフ、パーサ君、コトノちゃんまで集まって大喜び

Img_0780_640
そしてサポーターのもとへ

Img_0767_640
大歓声で選手を迎えたサポーター

今季初の連勝とはいえ、ようやく6勝目
順位はまだ最下位
しかしこの勝利で、諦めに傾きかけた流れは引き戻した

さあ、ここから
もうあとは勝つしかない

岐阜応援バスツアー
<往路>
12:30 京都駅集合
12:45 京都駅出発
14:10 多賀SA到着 20分休憩
          大抽選会開催
16:00 岐阜メモリアルセンター長良川競技場到着

<帰路>
20:30 岐阜メモリアルセンター長良川競技場出発
21:50 多賀SA到着 15分休憩
23:25 京都駅到着 解散

第28節 vs FC岐阜
2018.8.11(土・祝)18:03
於:岐阜メモリアルセンター長良川競技場
入場者数 7,003人
試合結果 2-3○

<得点> 
64 庄司 悦大
70 レンゾ ロペス
88 レンゾ ロペス

<交代>
53 本多 勇喜 → 冨田 康平
58 岩崎 悠人 → カイオ
65 金久保 順 → 重廣 卓也

第28節終了時点 6勝4分17敗 勝ち点22 22位

 

京都パープルサンガ後援会主催 第20回 フットサル大会

6月10日(日)、サンガタウン城陽内にあるサンガフットサルパークにて第20回 フットサル大会を開催しました

2f5a0564_640

2f5a0103_640

2f5a0008_640

開会にあたって、まずは当会の会員事業室長の石川裕也よりご挨拶させていただきました

2f5a0021_640

続いて株式会社 京都パープルサンガ 細川浩三取締役よりご挨拶をいただきました

2f5a0031_640

2f5a0001_640

審判団からのルール説明、諸注意のあと

2f5a0016_640

2f5a0059_640

準備運動、今年はズンバ

2f5a0067_640

音楽に合わせて踊るような運動
参加者も楽しくアップできました

今年の参加チームは、12チーム

A・B2つのブロックに分かれて総当たりリーグ戦
各リーグのトップのチーム同士で優勝決定戦と、2位のチーム同士で3位決定戦を行う、というルールです

今回参加していただいたチームは

<Aブロック>

2f5a0226_640

AMBITIOUS

2f5a0148_640

チーム京都銘板

2f5a0255_640

FUTMATE

2f5a0213_640

FCレコス

2f5a0227_640

サンガスタッフ&後援会理事チーム

2f5a0147_640

商工会議所青年部 GEYSER

<Bブロック>

2f5a0162_640_2

ワーカービー

2f5a0203_640_2

EKネサル

2f5a0172_640

HORIBA

2f5a0188_640

チーム大京魚類

2f5a0195_640

環協FC

2f5a0163_640_2

コレガ

2f5a0436_640

2f5a0441_640

予選リーグは、各ブロックとも白熱した好試合

予選リーグの結果、サンガスタッフ&後援会理事チーム、HORIBAが優勝決定戦、FCレコスと環協FCが3位決定戦に進出

2f5a0332_640

2f5a0357_640

優勝決定戦は4-0でHORIBAが勝利
昨年準優勝の雪辱を果たし、チャンピオンに返り咲きました

2f5a0492_640

2f5a0555_640

3位決定戦は、試合終了のホイッスルが鳴る直前にゴールを決めたFCレコスが1-0で勝利し、FCレコスが3位、環協FCが4位となりました

表彰式

2f5a0624_640

優勝はHORIBA

2f5a0662_640

準優勝はサンガスタッフ&後援会理事チームでしたが、「賞品は3位のチームに譲ります」との潔さ

2f5a0668_640

3位はFCレコス

2f5a0698_640

4位は環協FC

2f5a0721_640

得点王はHORIBAの♯10 武田築選手
何と20得点でした

2f5a0756_640

MVPは同じくHORIBAから♯5 寺田伝助選手

2f5a0800_640

優勝したHORIBA

2f5a0847_640 
準優勝 サンガスタッフ&後援会理事チーム

2f5a0803_640

3位 FCレコス

2f5a0818_640

4位 環協FC

参加していただいたみなさん、ありがとうございました
来年も多数のご参加をお待ちしております

2018年5月12日 第14節 徳島戦応援バス

5月12日(土)鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われました2018年 J2第14節 徳島ヴォルティス戦に今シーズン最初の応援バスを出しました

1526212341839_640
今回の応援バス、成績低迷の中の土曜日にもかかわらず、参加者は添乗した後援会理事を含めて総勢38名
今回もたくさんのご参加、ありがとうございます

2f5a0005_640

この日の相手は、怪我人を多く出しながらも今月に入って連勝中と調子の良い徳島

2f5a0063_640

Img_0034_640

京都からもたくさんのサポーターが集まりました

Img_0001_640

ウオーミングアップの前、サポーターに挨拶に来た選手たち

Img_0364_640

この日は板野町デーということで、

Img_0373_640

試合前に板野町長より両チーム、審判団に記念品の贈呈

Img_0385_640
退任した布部監督に代わり、この試合からボスコ・ジュロヴスキー氏が監督に昇格
正式に指揮を執る

Img_0400_640
この日のスタメンは

GK 若原 智哉
DF 田中 マルクス闘莉王  染谷 悠太  増川 隆洋  下畠 翔吾  
MF マティアス カセラス  重廣 卓也  仙頭 啓矢  小屋松 知哉  
FW 湯澤 洋介  岩崎 悠人  

期待のルーキー、若原智哉がついにJデビュー
前節、西京極では内容のいい試合をしたものの運悪く敗戦で連敗
この日もいい試合内容で、連敗にストップをかけられるか

2f5a0444_640
若原

2f5a1085_640
この日がデビュー戦とは思えないほど堂々と指示を出し

2f5a0606_640
ファインセーブも

2f5a0710_640
下畠

2f5a0843_640
カセラス

2f5a0963_640
湯澤

2f5a0764_640
しかし前半27分、左サイドから崩され、えぐるようなクロスをボレーシュートで突き刺されて失点

2f5a0987_640
小屋松

2f5a1001_640
染谷

2f5a1020_640
若原はファインセーブ連発

2f5a1128_640
しかしそのまま、0-1でハーフタイム

2f5a1172_640
ハーフタイムには、徳島ヴォルティス特別応援大使の上野優華さんによるスペシャルライブ

2f5a1225_640

2f5a1336_640
後半頭から、カセラスに代えて望月を投入

2f5a1289_640
増川

2f5a1362_640
重廣

2f5a1419_640
岩崎

2f5a1496_640
仙頭

2f5a1602_640
56分、重廣に代えてエスクデロ投入

2f5a1612_640
直後、若原と徳島の選手が接触
徳島の狩野選手は負傷退場に

2f5a1633_640
慌ただしくなる京都ベンチ

2f5a1685_640
清水もスクランブル発進に備える

2f5a1654_640
若原、頭にバンテージを巻いて

2f5a1767_640
何とか大丈夫そう

2f5a1776_640
エスクデロ

2f5a1844_640
仙頭

2f5a1889_640
湯澤

2f5a1929_640
小屋松

2f5a2619_640
闘莉王

2f5a2202_640
71分、湯澤に代えてロペス投入

2f5a2702_640
バンテージを巻いて若原も頑張る

Img_0553_640_2
しかし点数はそのまま0-1

2f5a3498_640_2
試合後、うなだれる選手たち

Img_0600_640

20位讃岐、21位愛媛も揃って負けたのが不幸中の幸いだが、得失点差の関係で愛媛が20位、讃岐が21位に
その上の19位とは勝ち点差が6ついてしまった

もうあわてても仕方がない
この苦しい時こそ「団結心」をもって一つ一つ勝利を重ね、乗り切るしかない

さあ、力を合わせて、ここからやり直そう!!

第14節 vs 徳島ヴォルティス
2018.5.12(土)16:04
於:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
入場者数 4,713人
試合結果 1-0●

<交代>
56 マティアス カセラス → 望月 嶺臣
56 重廣 卓也 → エスクデロ 競飛王   
71 湯澤 洋介 → レンゾ ロペス 

第14節終了時点 2勝3分9敗 勝ち点9 22位

カミーザドーゼ・サンガvol.57 プレゼント抽選結果

3月19日(月)、2018年度第3回のサンガ後援会 理事会が開催されました

Img_7702_640
その理事会で、カミーザドーゼ・サンガvol.57で募集いたしました清水選手からのプレゼント

Img_7703_640
サイン入り公式練習球1名様と

Img_7706_640
写真パネル2名様の抽選を行いました

Img_7708_640
今回も多数のご応募をいただき、堀場会長に厳選なる抽選をしていただき、選ばせていただきました

見事当選されましたのは・・・

公式練習球のご当選者は

京都市北区にお住いの川人慎吾さん

写真パネルのご当選者は

京都市西京区にお住いの北本悟志さんと
城陽市にお住いの中鉢猛実さん

でした

おめでとうございます
早速事務局よりプレゼントの方を発送させていただきます
また次回も多数のご応募、お待ちしております

京都スタジアム(仮称) イメージ動画

現在京都府が建設中の京都スタジアム(仮称)のイメージ動画です

Th_011
動画は → こちら から